脱毛を始めるのに一番いい時期はいつ?露出が増える夏だと思っていませんか?

みなさんはいつ「脱毛をしたい!」と思うでしょうか?

ほとんどの女性は、手足の出る服を着ることが増え海やプールへ誘われることが多くなる夏が近づくにつれてだんだんムダ毛が気になるようになり「私も脱毛しようかな~」と考えると思います。

露出が増えるとムダ毛処理の回数も増えるし、どうしても脱毛って言葉が頭に浮かんできてしまいますよね。しかし、夏が脱毛を始めるのにあまりおすすめできない季節なのです。

ムダ毛が気になる季節だからこそ脱毛がしたくなるのに、どうして夏は脱毛に向いていないのでしょうか?
その理由とともに、脱毛を始めるのに一番いい季節をご紹介します。

日焼けしやすい夏は脱毛を始めるのに向いていない!

夏は1年の中で最も紫外線量が多くなる季節です。4、5月から徐々に高くなり始め、8月をピークにして徐々に低くなっていきます。

1997-2008_max

画像出典:気象庁

実は、脱毛にとって日焼けは絶対に避けたいことの一つです。夏に脱毛をおすすめできないのも、日焼けしやすい季節だからというのが最大の理由です。

日焼けすることで、脱毛に以下のような3つのトラブルが起こりやすくなります。

1.脱毛効果が落ちる

脱毛は、黒い色に反応する光を利用しています。ムダ毛の黒い色に反応した光が熱を発生させ、毛根にダメージを与えて脱毛していくのです。

私たち日本人の肌は黄色っぽい色をしていてムダ毛の色は真っ黒~こげ茶くらいの色をしているので、脱毛機の反応がよく脱毛効果も実感しやすくなります。

ところが、日焼けして肌が黒くなってしまうと、肌色とムダ毛の色の区別がつきにくくなると脱毛機のムダ毛への反応が鈍くなって脱毛効果が落ちてしまうのです。

2.脱毛が受けられなくなる可能性がある

海やプールへ行ったり、うっかり日焼け止めを塗り忘れたまま長時間外出すると、肌質によってはすぐ真っ黒になってしまいます。

脱毛器は黒い色に反応するため、肌が黒くなるとムダ毛だけでなく肌にも反応してしまい、ヤケドの危険性が高まります。
そのため、脱毛サロンではヤケドを避けるために日焼けしている方の施術をお断りしているのです。

また、赤くなった後黒くならずに白く戻るという方も要注意!赤くなるということは肌が炎症を起こしてヤケド状態になっているということです。

肌が赤いままでは脱毛を受けられないので、赤みが長続きしやすい方は日焼け後のアフターケアをしっかりと行いましょう。

3.思っているよりも肌が乾燥している

シミ予防のために紫外線には気を付けているという方でも見落としがちなのが、夏の隠れ乾燥肌です。

夏は汗・皮脂の分泌量が増えるため、肌がしっとりしているように見えますが、実は肌の水分量はどんどん減少しています。

紫外線は日焼けやシミの原因になるだけでなく肌から水分を奪って肌を乾燥させているのです。

特に手足は露出が多く紫外線を浴びやすい上に、顔や背中と比べて皮脂腺が少なく水分の蒸発しやすい部分です。

さらに、脱毛自体が光の熱によって水分を蒸発させてしまうため、脱毛中は普段よりしっかり保湿することが大切。

ベタつきにくいタイプのボディ用保湿ローションなどもたくさんあるので、夏も気を抜かずに保湿ケアをしていきましょう。

夏から脱毛を始めるはずがなかなか予約が取れないなんてケースも!

夏といえば脱毛!と考える女性はとても多いです。また、夏休みに入って脱毛に通い始める学生さんも増えています。

そのため、夏のうちにカウンセリングと契約を済ませられたけれど、いざ施術となるとなかなか予約が取れずに結局1回目の施術が秋・冬になってしまったというケースも多いのです。

脱毛サロンでは施術の前に必ずカウンセリングを行ってから契約をし、施術はまた別の日に予約を取るという形にしています。

閑散期にはカウンセリングと同日に1回目の施術を受けられることもありますが、繁忙期となる夏ではサロン側も予約がいっぱいでカウンセリングをした日に施術を受けるのはなかなか難しいのです。

脱毛を始めるなら秋からがおすすめ!

脱毛を始めるのなら、ムダ毛が気になる夏よりも秋の方がおすすめです。他の季節よりも秋の方が脱毛しやすい4つの理由をご紹介します。

1.紫外線が落ち着いてくる

8月が終わり、9月に入ると紫外線量は一気に減少。4月と同じくらいの紫外線量になります。

日焼けしにくい季節になるので、夏よりも日焼けを気にする必要もなく、紫外線のせいで脱毛を受けられなくなることもありません。

また、秋になると夏にした日焼けも徐々に薄れて元の肌色に戻ってくるので、アウトドア派で日焼けしやすい方でも秋になると脱毛効果を得やすくなります。

2.乾燥はまだまだひどくない

乾燥した肌に脱毛の施術をするとヤケドしやすいため、多くの脱毛サロンが肌が乾燥している時は施術を断っています。

秋はまだ乾燥が本格化する前で、乾燥肌のでも脱毛しやすい季節なのです。
ただし、夏の紫外線ダメージが徐々に表れてくる時期なので、夏の間も最低限の保湿ケアはしておきましょう。

3.夏ほどサロンが込んでいない

夏になると脱毛サロンの新規契約者が一斉に増えるのですが、秋になると脱毛の新規契約者はいったん落ち着きます。

夏に比べると予約が取りやすくなるため、カウンセリング+契約から1回目の施術をスムーズに進めたいという方は、秋になってから契約するのをおすすめします。

4.来年の夏はキレイな肌になれる

脱毛は何度も繰り返し施術をしながら、徐々にツルツルの肌を目指していきます。1~2回の施術ではまだまだムダ毛が残っている状態のため、ムダ毛が気になる季節だからと脱毛を始めてもすぐにキレイになるものではないのです。

露出が増える夏に向けて肌をキレイにするのなら、秋から脱毛を始めるのがおすすめです。秋に脱毛を始めれば来年の夏までに4~6回の施術ができ、

  • ムダ毛の本数が減る
  • 産毛のような細く薄いムダ毛になる
  • 生えるスピードが遅くなる
  • 自己処理の回数が減る

などなどの効果を実感できます。自己処理いらずのツルツル肌とまではいきませんが、脱毛する前よりずっと自己処理が楽で、自己処理後のブツブツ・ザラザラも気にならなくなります。

水着やミニスカートを自信を持って着られるようになるためには、来年の夏に向けて今年の秋から脱毛を始めることをおすすめします。

春と冬に脱毛を始めるとこんなトラブルの可能性が…

春は花粉と黄砂の影響が心配!

春になるとスギやヒノキなどの花粉が飛び、くしゃみや鼻水といった花粉症の症状に悩まされる方が多いですよね。なんと日本人の3割の方が花粉症にかかっているというデータもあるほどで、現代の国民病とまで言われています。

花粉は鼻や喉の粘膜で炎症を起こすだけでなく、肌に付着すると肌荒れやニキビの原因にもなります。春になるとなんとなく肌が不安定になるという方も花粉症の影響を受けている可能性が高いです。

また、花粉が飛ぶ時期には中国から黄砂混じりの風が吹き込むこともあり、春は肌の乾燥や炎症が起こりやすい季節なのです。炎症が起きていると脱毛を受けることができないため、アレルギー体質の方や花粉症を持っている方は春に脱毛を始めるのはあまりおすすめできません。

冬は乾燥が大敵!

冬に脱毛をおすすめできないのは、乾燥しやすい季節だからです。肌が乾燥していると脱毛機から発生する熱が広がりやすく、痛みを感じやすくなったりヤケドのリスクが高まってしまいます。

実際に、肌の乾燥を理由に脱毛サロンでの施術を断られたという女性はとても多いです。せっかくサロンへ行ったのに施術できなかったらすごく残念ですよね。

きちんと保湿しておけば問題はないのですが、脱毛サロンへ行く数日前から慌てて保湿クリームを使い始めても乾燥を改善するのは難しいです。冬に脱毛サロンに行くのなら、普段からしっかり保湿することを心がけましょう。


春・夏・秋・冬を比較すると、秋は1年の中で最も乾燥・日焼け・肌荒れが起こりにくい時期で、一番脱毛に向いている季節と言えます。脱毛サロンも夏に比べると空いていて予約が取りやすいと言うメリットもあります。

脱毛をいつから始めようか悩んでいる方は秋から脱毛サロンへ通い始めてみてはいかがでしょうか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ